【独自分析】色んな風俗広告の特徴教えます!!【ビガーネット編】

今回は、【ビガーネット】という求人広告の良さを自分なりに分析したので、ご紹介します!!

 

 

まず、このサイトは「アドやで」に紹介されているように

“待ち型サイト”と呼ばれる部類のサイトとなっております。

 

-待ち型サイトとは-

お店の待遇や働きやすさなどをサイトに掲載し、女の子からの問い合わせ・応募を待つタイプのサイトです。

 

 

私が思う、このサイトの特徴とはズバリ!

“面接ガチレポート”というコンテンツです。

 

 

他の求人サイトでは

 

「ココのお店に決めた理由は?」

「実際に働いてみた感じは?」

 

など、”実際にお店で働く女性”にインタビュー形式で

お店の良さをアピールするコンテンツをよく見かけると思います。

 

しかしこの”面接ガチレポート”というコンテンツは

働く女性ではなく、その女性を採用した面接官にスポットを当てたコンテンツとなっております。

それにより、

「面接の時は、不安でいっぱいの顔をしていました。」

「打ち解けてからの笑顔や受け答えがよかったので採用にしました。」

 

など、女性側からだと分からない面接担当の”採用ポイント”などを知ることができます。

 

 

確かに、女性側にインタビューをすることで

実際に働く女性の”働きやすさ”や”決めた理由”などを見て、

「それだったら私も働けるかも。」

 

と、女性は安心感を得ることができるでしょう。

 

 

このサイトは、その安心感とは別に

「今働いている女の子でも、そんなに最初は不安だったんだ。」

「私も緊張しやすいけど、面接官の人が緊張をほぐしてくれるかも。」

と、不安がまだ残っている女性にこの面接官インタビューで自信をつけさせることにより、応募の電話やメールに繋げることが出来るサイトだったのです。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
私独自で分析したビガーネット。

 

上記に挙げた独自の分析結果・・・

何へぇ~ですか!?(古い)