【独自分析】知らなきゃ損かも!?【マンゾクネット編】

今回は、【マンゾクネット】という営業広告の良さを自分なりに分析したので、ご紹介します!!

 

 

その前に、この【マンゾクネット】は

1996年からという歴史のあるサイトで、実は”デリバリーヘルス”という言葉を作ったのも

このサイトです。その知名度は、風俗好きの成人男性なら知っている、一度は聞いたことのある名前なのではないでしょうか。

 

 

このサイトの特徴は

 

他の風俗ポータルサイトとはちがう広告展開

 

だと思います。

 

上記にも書きましたが、この”マンゾク”という名前は、
成人男性ならば誰もが知っていると思います。

また、ネット以外にも風俗情報誌を発行していますので、本屋さんのアダルトコーナーで見かけたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

話は変わりますが

例えば、「今ネットで話題のものを自分だけ知らなかった。」
なんて事はありませんでしたか?

 

現在、”風俗の営業・求人サイト”はたくさんあります。

アドやでに紹介しているサイトもその極一部ですが、この各サイトの名前を

風俗店を経営している人は知っていても

閲覧するユーザーがそのサイトの名前を知っている、というのはなかなか難しいですよね。

 

そのため、”風俗の営業・求人サイト”は色々な手法を使ってネット以外でユーザーにアピールしています。

知名度UPをはかるためによくとられる手法ですと”看板””トラックでの街宣活動””雑誌広告”などがあると思います。

 

しかし、このサイトは

 

(1) “アダルトDVD通販”や”アダルトグッズ通販”のネットから入る情報

(2) “雑誌”や”無料案内所”の実際に目視で入る情報

 

など、発信している情報の名前全てに【マンゾク】という名前をつけてブランド展開をしていますので自分のサイトの名前を、色んな角度から紹介することができます。

それにより、色々な層に【マンゾク】という名前を覚えてもらうことができ、

そして”サイトへの信頼性”を上げ、ユーザーも安心してサイトを使うことができるというワケです。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
私独自の視点で分析したマンゾクネット。
もっと深く知りたい!という方は、お気軽にアドやでまでお問合せ下さい。

 

 

こんな宣伝力に特化したサイト。
いつ媒体検討するか・・・

今でしょっ!!(古い)